社名 英特克信息技術(武漢)有限公司
  中国語 : 英特克信息技術(武漢)有限公司
  英語 : INTEC Information Technology(Wuhan) Co.,Ltd
  通称 : インテック武漢
所在地 中国・武漢(Wuhan)
設立年月日 2003年10月22日
経営理念
  常に国家の法律を遵守し、お客様の発展と社会の進歩に貢献しつづけること。企業の適正な利益を確保して、投資方の期待にお応えし、社員が自己実現を達成しつつ、企業の永続的な発展を図ることを経営の理念とする。
事業内容
  ①日本からのシステム開発受託(オフショア開発)
  ②中国現地の日系企業向けシステム開発・運用
  ③中国現地の中国企業向けシステム開発・運用
株主   インテック( 100% )
資本金   200百万円
董事長 澤邊 学(株式会社インテック SI事業本部 副本部長)
董事   原 康生(インテック 経営企画部)
董事・総経理   坂本 一幸
董事・副総経理   王 偉
監事   大滝 義衛(株式会社インテック 監査役)
会社概要
 

株式会社インテックは1964年1月に設立され、現在は日本のIT業界の大手企業です。主な業務範囲は:ITコンサルティング、システム・インテグレーション、ソフトウェア開発、アウトソーシング、ネットワーク、ユースウェア、CRMソリューション、情報セキュリティソリューション、eビジネスソリューション、業界向けのソリューション。株式会社インテックは2008年4月にTIS株式会社と経営統合し、「ITホールディングス株式会社」を設立(IT Holdings Corporation)。

英特克信息技術(武漢)有限公司(INTEC Information Technology (Wuhan) Co.,Ltd.)は日本の株式会社インテック100%独資の子会社で、ソフトウェア製品の設計と開発を主体としたニューハイテクの企業です。当社は日本の先進的なソフトウェア開発技術や品質管理技術と中国の優秀なIT人材を融合して、先進的なIT基盤をベースに、多くの日本向けアプリケーションソフトの研究、開発を行っています。当社は主に、業務系及び管理系のソフトウェアの設計、開発、保守を行っています。

オフィス環境
  住所:武漢市武昌区中北路109号1818中心14 階
  当社オフィスは、武漢市の中心エリアの一つである楚河漢街南側の1818中心ビル(41階建て)にあります。 当ビルは、2015年11月建立された高級Officeビルであり、標準的な設備、サービスを提供しています。Officeビル全体の保安体制に加え、当社オフィスも日本と同レベルのセキュリティ設備を備えています。近辺は洪山広場から中北路に沿ってレストラン、小売店、ビジネス ビル、楚河漢街(武漢で一番大きなShopping Street)が建ち並び、2012年12月に地下鉄2号線、2013年12月に地下鉄4号線が既に開通しました。今後益々の発展が期待されます。